京都の松本康左官店

075-935-4431

ご相談・お見積もり フォームへ

HOME > 外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装・屋根塗装

外壁は数年ごとに小さな修理と大きな修繕・修復を繰り返すことで耐久性が格段にアップします。
人の身体と同じ様に、日々のメンテンナス、定期的な健診(検診)が大切です。

以前は5年くらいで塗り替えが必要と言われていましたが、現在では建材や塗料の性能向上もあり、
7〜10年くらいが一般的な塗り替え時期と言われるようになりました。

雨漏り
天井にシミが広がっている。などすでに雨漏りの症状が始まっている場合は、躯体(建物の中)にまで雨水が染み込んでしまっているケースが多く、本来あるべき性能を取り戻す為に、早期に被害箇所の確認・特定、修繕・修復作業を行う必要があります。

色あせ
新築から5〜6年も経つと、風雨や紫外線、排気ガスなどにより、色あせや変色が気になりはじめます。
経年劣化なので多少の色あせは仕方がないとあまり深刻に捉えず、雨漏りが始まったわけではないのでとそのまま放置している事が多いですが、色あせが目立ちだしたらプロによる建物診断を行い、高圧洗浄によるクリーニングや塗り替えを考えましょう。 高圧洗浄や塗り替えの際に見えにくい部分の傷が発見されることもあるので、痛みの早期発見・早期治療により建物寿命を伸ばすことにもつながります。

チョーキング現象
壁を触ると白い粉が手に付くことがあります。
長い間、紫外線や雨風にさらされて劣化した塗料の成分が、粉状になって表面に浮き出てきた症状です。触ると手にチョークのような白い粉が付くことから、チョーキング現象と呼ばれます。
このような状態になると、本来の防水性能が低下してしまっているため、建物自体に影響が出ないうちに早めの塗り替え(外壁塗装)をお勧めいたします。

ひび割れ(クラック)
外壁がモルタルの場合に起こる現象です。表面に細かいひび割れが入ると、割れた部分から雨が侵入したりして内部の躯体(壁、梁など建物の構造を支える骨組)を腐蝕させる原因になりかねません。
早期の段階なら、ひび割れた部分を埋めたりといった簡単なメンテナンスで対応できますが、そのまま放置をしておくと建物の劣化に大きく繋がるため危険です。
小さなクラックでも見つけたら放置せず、早めの修繕を心掛けましょう。

塗膜の剥がれ
チョーキング、ひび割れ(クラック)等の劣化症状が進行すると、塗膜の剥がれにつながります。
外壁・屋根材を守るために塗装されている塗膜が剥がれると、建物の躯体が雨風や紫外線に裸でさらされている状態になるため、著しく劣化を早めてしまいます。
剥がれが見つかった際は、被害が躯体にまで及ば無いよう早期の対処を行いましょう。

腐食
建物表面に現れた傷を放置(または気付かずに)していれば、雨水などが柱など構造体を侵食し躯体を傷つけることにつながります。
初期段階なら外装材・屋根材の張り替えで済みますが、最悪の状況では、建て替えに近い修復工事が必要となります。

カビや苔・藻の発生
湿気によりカビや苔・藻が発生すると、防水性や耐久性が急速に失われていきます。屋根など目に付かない部分ではなかなか確認できないため、気がつかないうちに進行が進んでいることがあります。

放置すれば増殖してしまい、美観という点でもいい状態とは言えませんし、外装材・屋根材の塗料が劣化して防水機能を失えば、雨水などが浸透してしまい躯体を痛めてしまいます。
そのため、放置していると雨漏りの発生にもつながります。

鉄部の錆び
鉄部の錆びは、塗料が剥がれ防水性能が失われる事で、鉄部が雨水にさらされた結果起こります。
錆びてしまった状態で放置すると、そのまま腐敗が進んで穴が空いてしまいます。
穴が空いてしまうと、そこから雨水が浸入してしまい構造体への侵食が始まりますので、発見したら早期の対処が必要になります。


どのサインも、放置をすると建物内部にまで影響が及び、修繕・修復に工期も費用も多く掛かってしまうことも考えられます。上記のような症状を見つけた時は、早めに対処することをおすすめします。


その他、目に見えた劣化は目立たなくても、築10年以上を経過してる建物では、診断をオススメします。

防水工事(防水塗装)の重要性
外壁・屋根塗装の本来の目的は「建物の保護」にあります。

外壁や屋根は、建物の中で一番過酷な自然環境にさらされている場所です。
特に日本は台風や梅雨などの影響もあり、雨の影響を大きく受けます。また太陽から発せられる紫外線にも痛められ続けています。

建物の防水工事は、雨漏りを防ぐためには欠かすことができません。
塗装の劣化(ひび割れやチョーキング)を気づかずに放置してしまうと、雨水などが建物内部に侵入し天井にシミが現れたり、湿気によりカビの繁殖が起こり構造体を痛めることになります。また人体にも害が及びます。

人の身体と同じ様に、建物も早期発見と早期治療が寿命を延ばす鍵となります。

漆喰・珪藻土など自然素材を使った土塗壁の新設・補修を行います。

漆喰
防水性・防火性・耐久性が高いため、古くから日本の家屋で使われてきました。
調湿性能が高いので、湿度が高く蒸し暑い日本の夏に良く適応した素材と言えます。

珪藻土
高い調湿・断熱機能を備えた外壁になります。湿度が高く蒸し暑い日本の夏に良く適応した素材と言えます。
また遮音性にも優れているので、交通量の多い道路際といった立地にも適しています。

モラートは、左官職人のコテにより様々な表現が可能なアーティスティックモルタルという新しい建材です。

モラート(MORART)は、使う場所、下地を選びません
特殊セメントを使用しており、耐熱・耐酸・耐摩耗・表面硬度に優れています。
また、柔軟で弾性があり、壁・床・天井へはもちろん、防水性も兼ね備えているので、洗面台やシャワーブースなど水周りにも使用できます。

モラート(MORART)は、安全性にも優れています
健康に害がなく、安心して使用できます。

ホルムアルデヒド放散等級 [F☆☆☆☆]取得

国土交通省認定防火材料
・認定番号:NM-8572[不燃材料]
・認定番号:QM-9812[準不燃材料]
・認定番号:RM-9361[難燃材料](旧認定番号 基材同等第0003号)

ジョリパットはアクリル塗料と砂をミックスした塗り壁材で、耐久性が高く粘りがあるのが特徴です。
塗り壁材の中では比較的安価な部類に入ります。

耐久性に優れた塗り壁外壁
通常の外壁は、7〜10年くらいが塗り替え時期と言われていますが、ジョリパッドの場合は耐久性・防汚性に優れているので、15〜20年ほど経過してもその品質を維持します。
※但し、経年劣化での色あせが否めないので、15〜20年を目処に塗り替えは考えてもよいと思います。

デザイン性・意匠性
粘りのある特性を生かし、コテを使いさまざまな模様をつけて仕上げることが可能で、表情豊かな個性あふれる外壁にすることができます。

新築住宅や大型施設など様々な所で使われることが多く、模様の付いた壁の多くはジョリパット塗装によるものです。近年では、リフォームをきっかけにジョリパット外壁を検討する方も増えています。

この様に、ジョリパットは長期の耐久性とデザイン性が強みの建材と言えます。
サイディングの場合は誰が施工しても同じデザインに仕上がりますが、ジョリパットは塗り方によって表情が変わるため、左官職人の腕が試される塗り壁材です。

ブロック塀に細かなヒビ割れが入っているので補修したい。汚れが目立ってきたので綺麗にしたい。
という時もご相談ください。1mm以下のものなら簡単な補修で済みます。

ブロック塀の劣化が酷くなければジョリパットや美ブロシルキーなどで模様塗りをすることもできます。
※劣化が進んでいる(基礎が傷んでいる)ブロック塀は、倒壊する恐れもあるため建替えが必要です。

外壁タイル
サイディングに比べると、重厚感。高級感があります。
また、耐久性が高く長持ちするのでメンテナンスコストが抑えられます。

サイディング
大量生産された外壁材を使用するため、素材コスト(初期費用)を安く抑えられます。

前のページに戻る
京都市の松本康左官店

株式会社 松本康左官店

〒612-8484
京都府京都市伏見区羽束師鴨川町59-1-311
TEL/FAX 075-935-4431

<営業時間>
8:00〜18:00 日曜・祝日定休

<対応地域>
京都、滋賀、大阪を中心に
その周辺エリア